お子様がやる気を出して勉強に取り組んでくれない

勉強のおもしろさ・たのしさを伝える
あなたのお子様が小学校・中学校へ進学したはよいものの、あなたのお子様はあまり勉強にやる気を出してくれません。


こんな時、親であるあなたならどうしますか?お子様に無理やり勉強させようとしますか?


「遊んでばかりいないで、勉強しなさい!」と、躾のつもりで怒り、無理やり勉強させようとしますか?


このようなやり方をすると、ほとんどのお子様がよけいに「勉強したくない」と反発するでしょう。


親であるあなただって、誰かから怒られてやる気が出ますか?出ないですよね。お子様も同じなんですよ。


「勉強しなさい!」と怒られてやる気を出す人はいません。これは、大人も子供も同じです。


それでは、あなたのお子様がやる気を出して勉強に取り組んでもらえるようにするためには、どのようにしたらよいのでしょうか?


答えは簡単です。「勉強のおもしろさ・たのしさ」をお子様に教えてあげればよいのです。


本来、勉強とはおもしろくて楽しいものなんです。


勉強のおもしろさ・たのしさをお子様に教えれば、お子様はおもしろい・たのしいと思い、やる気を出して勉強に取り組むでしょう。なんせおもしろくて楽しいんですから。


しかし、「勉強のおもしろさ・たのしさ」をお子様に教えることができる大人(親)は、残念ながらあまりいないことも事実です。


ですので、親であるあなたが「勉強のおもしろさ・たのしさ」をお子様に教えることのできる人間になればよいと思いますよ。


また、現代の勉強に対する考え方としては、「レベルの高い高校・大学に進学させたい」と考えてしまう傾向が強いため、「勉強=競争」というイメージがとても強いです。


子供は無邪気ですし楽しくおもしろく生きていきたいと思っているはずですが、お子様が「勉強=競争」と強く思ってしまうと、勉強嫌いになるお子様も増えて当たり前と言えるかもしれません。


お子様にやる気を出して勉強に取り組んでもらうためには、大人たちが様々な知恵を出し合って、お子様に勉強に対するやる気を出させる雰囲気作りがとても大切だと思います。

算数・数学の個別指導教室(小・中・高生対象)

PAGE TOP

topics

 初回無料体験授業実施中!
 
入会費・年会費は不要
 保護者の方々へ
 
個別指導の場所について

article

 合理的な勉強方法
 
算数・数学は考える力
 脳の特徴を理解する
 
学力を向上させたいのなら
 0(無)の思想
 勉強しなければ頭は悪くなる
 点数がすべてではない
 志望校合格が目的ではない
 
考えるクセを身につける
 数学よりも「数楽」

eassy

 雨の日のよさを忘れたのでは
 
現実認識は異なる
 心と心のふれ合い
 

 

topics



 

students

 生徒様の作品集

link

 Baby Massage「Luana」
 田中時計店
 柏木商事
 忠実建物

menu



menu