0(無)の思想

0とお経

数学に興味のある方の中には、「0という概念は、インドで確立された」という話を耳にしたことのある人も多いのではないでしょうか。

0という概念がインドで確立したのかどうか?、このことが歴史的に考えて本当(真実)なのかどうか私には分かりません。

しかし、私の現時点での考え(推測)では「それなりに本当らしい」と考えています。

仏教は、インドでお釈迦様が開祖したと言われています。そして、お釈迦様の教えが記録されたとされているのが「般若心経」です。

般若心経の文字総数は全部で278文字なのですが、その278文字のうち「無」の漢字が21回使われています。

「無」が21回も使われているんですよ。つまり、般若心経って「無い・無い尽くし」なんですよ。

数字の「0」はもちろん「無」という意味です。そして、般若心経も「無」の漢字が21回も使われています。

さらに、「数字の0(無)」も「無い・無い尽くしの般若心経」も、同じインド生まれとされています。

両方ともインドなんです。これって偶然なのでしょうか?私には偶然だとは思えません。

お釈迦様の「無の思想」がきっかけとなり、インドで数字の「0(無)」の概念が確立されたと考えると、それなりに筋が通っていると思いませんか?

これはあくまでも私の自分勝手な推測なので、事実かどうかは分かりませんが、このように考えてみると、「数字の0」と「仏教」が深い関わりを持っているようにも思えます。

たぶん、「数学」って「哲学(仏教)」なんでしょうね。

こんな考え方をしてみるだけでも、今までとは違った視点で、数学をより深く楽しめるかもしれませんよ。

 

PAGE TOP


free

 初回無料体験授業実施中!

topic

 入会費・年会費は不要
 保護者の方々へ

 「通信教育」をご希望
 の方へ(公開予定)

article

 合理的な勉強方法
 算数・数学は考える力
 脳の特徴を理解する
 学力を向上させたいのなら
 0(無)の思想
 勉強しなければ頭は悪くなる
 点数がすべてではない
 志望校合格が目的ではない
 人は四角形が好きである

contact

link

 冨永相談事務所
  Inai Takaomi

 柏木商事
 忠実建物
 田中時計店